イヤーピース1位のSony EP-EX11 を検証しようとして失敗した話

オーディオ

以前にもレビューした、JBL E15 イヤホンの付属イヤーピースがどうも耳の形に合わないらしく、ポロっと落ちる時があるので、あわよくば音質向上も期待しつつイヤーピースを交換してみることにしたお話です。

スポンサーリンク

売れているのは EP-EX11

この記事を書く少し前から念のためリサーチしてたけれど、各所の評価が高く売れているのはコレ。

ep-ex11m

 

リーズナブルな価格、シンプルなフォルムもあると思うけど、とりあえずコレでいいんじゃないか?という雰囲気がただよってきております。

隙間に低反撥ウレタンフォームが詰まっている上位モデルもあったらしいけど、生産終了しちゃったみたい。
生産終了した EP-EXN50
EP-EXN50

プレビュー

EP

パッケージはこんな感じです。

ハイブリッドイヤーピースモデル専用とか書かれているのが気になる。

早速、E15 に取り付けてみようと試みるが…
何か、おかしい。きちんとハマってくれない。

 

よく見たら、内径が全然ちゃいますやん!

チップ比較
↑左が E15付属品、右が sony EP-EX11M

 

E15 のイヤーピースは 5mmほどなのに対して、
EP-EX11Mは3mmちょいくらい。

 

ガッカリ
見た目の形状以外に、内径とかも気にしなきゃいけないなんて…

知らなかったそんなの….😞

これから初めてイヤーピースを取り換える予定の方がこれを見ていたら、よく気を付けてくださいね。

無理やり取り付けてみる

イヤーピースのために対応機種とか調べたくないし、

イヤーピースのためにイヤホン買い換えるとか本末転倒。

ということで、無理やり取り付けてみることにしました。

もったいないから。

無理やり取り付けた

ものすごく違う感じがするけど、仕方ない。

 

 

装着後。見た目は思ったよりも普通になった!

装着後の試聴…その結果

まず、イヤーピースの交換によって聴こえてくるサウンドに変化はあるのか?という疑問があった点について、さっそく聴いて確認してみた結果、

 

実際、変わった。

 

 

けど、ショボくなった。

 

 

何ていうか、低音については量は変わらないけど質が落ちた感じで、中音域は荒くなった(解像度が落ちた?)ような印象。
内径合ってないものを強引に取り付けていることの弊害なのかも。

装着感は良好なので、本来のイヤーピースとしての機能には問題を感じなかったけど…う~ん。イコライジングで修正するのも面倒だし、結局、付属品のイヤーピースに戻すことにしました。

戻した結果もとの音質に戻ったので、交換してショボく感じたのは気のせいではなかったようです。

決して悪い製品ではないと思うのだけど、
そもそも装着時の内径(イヤホン側の外径)が合ってない点と、サウンド的な相性の点いずれも JBL E15には合わないという結論。残念無念、仕方ないね。🤔

コメント

タイトルとURLをコピーしました