Anker 初代『SoundCore』スピーカーをレビューする

SoundCore オーディオ

モバイルバッテリーで有名な Anker ブランドのBluetoothスピーカー『SoundCore』初代モデルを購入したのでレビューします。

スポンサーリンク

電源ON音、接続音、電源OFF音

これらの効果音はそれほど大きな音ではないですが、

任意の音量に変えたりオフにすることはできません。

試聴

※再生ボタン▶をクリックで、音が出ます。

※28秒間, mp3, 449KB

ネマニャ(Nemanja Radulovic)氏の『Bach(バッハ)』より
ガヴォット 無伴奏ヴァイオリン・パルティータ 第3番 ホ長調
ヴァイオリン、弦楽合奏と通奏低音のための協奏曲 第1番 イ短調 BWV1041 第1楽章

※SoundCore のサウンドを Sony PCV80Uコンデンサーマイクを設置して簡易的に録音したもの。
⬇イメージ

※再生機器はSony ウォークマン, 音源形式はFLAC

音質

価格・コスパ
5

Amazonでは、確認している限りでは2017年末から2018年3月にかけてほぼずっと 3,999円をキープしている。
ワンランク上(1万円程度)のスピーカーと比べると迫力が足りないが、価格なりの仕事はしてくれるので、品質の良さは感じられる。
デザイン
5

シンプルで無駄のないデザイン。
おそらく購入前の想像よりも少し小さく感じられると思う(上の写真)。
重さもそれほどではないので片手で持ち運ぶことは難しくない。
製品寸法: 約165 x 45 x 55mm 
製品重量: 約360g
音の性質
5

低音は少なめだが、最低限の出力はしてくれている。
重低音をとにかく重視する人には向かない。
全体的にはクリアで「こもり」はほとんど感じない。
この価格、この大きさにしては十分なクオリティ。

低音の響きは弱いが、スカスカな印象はなく、全体がスッキリまとまっている感じ。

やや中音寄りで、ポップスやボーカルものによく合います。

低音にそこまで期待しない人なら十分楽しめるサウンドでしょう。

新機種がいくつか出ていますが、なるべく安く、価格なりのクオリティがしっかり感じられるBluetoothスピーカーが欲しいと思っている人にはコレがオススメですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました