KZ AS06 は 中華イヤホンの完成形かも

オーディオ

これまでいくつか中華イヤホンを購入してきましたが、ついに引いてしまったかもしれません。傑作イヤホンを。

各所でも称賛レビューが多いようですね。

KZ-AS06 のレビューです。

 

スポンサーリンク

プレビュー

パッケージは他の中華イヤホンでも見られるように、非常にコンパクト。

 

結構スタイリッシュなパッケージングになっています。
裏側から押し出して取り出しました。

 

スポンサーリンク

 

同梱物。イヤピースは例によって出来がよいとは言えないので交換することを前提に考えておいたほうがよいでしょうね。
ケーブルは細く、クセはほぼありません。耳かけ部分は形状記憶になっています。

ノズル部分。イヤピースの引っ掛かりになる部分はありません。
先端にはメッシュが付いています。非常にシンプルで滑らかな形状です。

音について

クリアでバランスがよく、適度に元気のよい万人受けするサウンド。

販売者によるとエージング(慣らし運転)すると更に良くなるとされていますが、箱出しの時点ですでに素晴らしい音を出しています。思わず「おっ!?」となりましたよ。

全体的には低音にやや厚みのある、弱ドンシャリといったところですかね。
低音に関しては割と鳴りますが、下品な感じはありません。

音量を上げすぎなければ、刺さりはほぼありません。

あと何故かよくわかりませんが、とても音量が取れやすいので、僕のウォークマンA50シリーズでは普段の2割減くらいのボリューム(70前後)で十分聴けています。

ポップスやロックはもちろん、EDMなども快適に聴けています。

一応、販売者の謳う売り文句には

高域~重低音域まで全域にわたって余裕のあるサウンドを実現しています。特に圧倒的な高音域の抜けの特徴も併せ持つ、高音域まで伸びやかに広がる高音を実現しました。

とありますが、概ね同意できます

「圧倒的な高音域の抜け」かどうかはどの機種と比較した上での話かということになるので何とも言えませんが、「高域から重低音域まで余裕のあるサウンド」は確かに実現されています。

 

スポンサーリンク

 

ということで、

控えめに言っても素晴らしい出来ですコレ。音に関してはほとんど文句が無い

本当に細かいところまで見なければ、★5です。

装着感に関しては、ハウジングがやや大きめなので個人差があるでしょう。僕の場合は左耳の装着が少し外れやすいですが、おそらくイヤピースを替えれば大丈夫かな。そこまで気になってはいません。

音に関してはあまりにも出来が良いので、僕はもしかすると中華イヤホンを買うのがこれで最後になったかもしれない…。

新しい中華ホンを探したり試したりする気が、今の所起きません。決定版というか傑作というか。

標準価格が4,000~5,000円という価格で二の足を踏む方も多いと思いますが、実際に出す音の質を考慮すれば、コスパは優れている方だと感じます。

個人的に予算5,000円でイヤホンをおすすめするなら final E2000 または E3000 は外せませんが、KZ AS06 もそれらと同じくらいのオススメ度です。是非試してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました