Victorの新製品イヤホンは、工芸品。

オーディオ

JVCケンウッドから、ビクターブランドWOODシリーズの発売から10周年を記念するインナーイヤーヘッドホン「HA-FW10000」を11月上旬より発売するとのことなので、ちょこっと紹介します。

 

WOODシリーズは、2008年に業界初の“木”の振動板を採用したインナーイヤーヘッドホンの初号機「HP-FX500」を発売。その後、様々なモデルがリリースされてきました。

 

本機はビクターブランドの基本理念である“原音探究”の思想を追求し、同ブランドでこれまで培った音響技術と新たなこだわりの技術を惜しみなく投入。
そして高音質の実現のみでなく、漆塗り職人による外観仕上げにもこだわった一品。

 

 

 

ハウジングとウッドスタビライザーには、日本産の楓を採用。

無垢材から精密に削り出し加工を行い、さらに硬度の高い漆塗りを施すことで響きを調整し、クリアで自然な響きを実現。
吸音材には天然素材の阿波和紙絹綿を採用し、あたたかく美しい響きを再現。

 


日本伝統工芸士の漆塗り職人が一つ一つ丁寧に多層塗りを施し、深みのある光沢に仕上げている。

 

 

当社独自のスパイラルドットイヤーピースの技術を応用し、ユニット前面に不要な音を拡散するドットを効果的に配置したアコースティックピュリファイアーを採用。分解能を改善し、自然な音の広がりを実現。
※本機に付属しているイヤーピースもスパイラルドット

 

HA-FW10000 | Victor
WOOD HA-FW10000 インナーイヤーヘッドホン
オーディオ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
こけしまをフォローする
スポンサーリンク
気になるマンぶろぐ

コメント

タイトルとURLをコピーしました