LANって何?WANとの違いも簡単に説明する

情報・まとめ

無線LAN という言葉は割と浸透していると思いますが、
そもそも LAN が何かがよく分からないという人が多いと思います。

この記事では、「これが分かっていれば、良いんじゃないかな」くらいの軽いスタンスで、簡単に説明します。

スポンサーリンク

LANとは

ローカル・エリア・ネットワークの略。

まずは、ローカルという点に注目しましょう。
この用語は「狭い範囲の、プライベートな=非公開の」といった意味。

要するに家の中、学校、オフィスなど、
狭い範囲でコンピュータが繋がっているネットワークのこと。

たとえば家の中で、
パソコン、スマホ、ゲーム機、テレビなどが同じルーターでインターネットに繋がっていると仮定すると、それらは全て同じLANの中にあるという事になります。

⬇ LANケーブル とは、LANを構築するために使うケーブルと言う意味。

⬇ 無線LAN という単語は、LANケーブルを使わずにLANに接続する事ですが、
無線でLANに接続(参加)すること と理解すればOKです。

無線LAN

ちなみに「Wi-Fi」は無線LANの規格を表すことばなので厳密には無線LANとイコールではないですが、区別する必要がほとんど無いので同一の意味としてよく使われています。

WANとは

ワイド・エリア・ネットワークの略。
何がワイドなのかと言えば、LANに対して、その外のインターネット世界全体を指しているから。

⬇ Wikipediaの概念図が非常に分かりやすいです。
WAN

LAN と WAN はモデムやルーターを境界に接続されています。

LANどうしを接続している領域とも表されます。

光ファイバーケーブル電話線などはWANで使われているケーブル。

日常生活でLANとWANの区別は必要?

結論から言えば、不要。一般人にとっては割とどうでもいいですね。

ただし、おそらく唯一、この知識が必要になる場面があるとすれば、ルーターのセッティング時

自宅でもインターネットを繋ぐためにルーターに触る機会はあると思いますので。

301 Moved Permanently

Aterm WG1800HP3

上記の画像は NEC のルーターですが、メーカーにかかわらず背面には「WANポート」と「LANポート」があります。

どのポートに、どの機器を接続するのが適切なのか?という質問がよくあると思いますが、この場面ではLANとWANの概念が簡単に理解できてないと困ってしまうでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました