レインブーツの手入れ用スプレーを安く済ませたい

ファッション

雨の日に重宝する、ラバー製のレインシューズ

水を弾くので多少の水たまりも気にせず歩けるので非常に便利ですが、手入れをしないと1年も経たずに白っぽくなったり、ひび割れしてしまうことも。

使用後には乾いた布で拭いたり、カビ防止のために除湿することが重要なのですが、日々のケアとしては保護スプレーを使うことも重要です。

スポンサーリンク

定番品はたぶんコレ

各所では、コロニルの保護スプレーが勧められています。

一度に大量に使うわけじゃないけど、150ml で 1,500円は…どうだろう?

ドイツ製だし、ブランド料とか盛られてんじゃないの?と思うわけです。

ラバーシューズの保護においてこの製品が飛び抜けて優秀というよりは、他によく比較対象となるような製品が無いっぽい印象。

同じ成分のものを使えば良いじゃない

コロニルのスプレーの成分を見ると、

【主要成分】シリコンオイル界面活性剤

と書かれています。
※正しくは、シリコーンオイルと思われる。

であれば、同様の成分同様の効果をうたう製品があればそれでナントカなるかもしれない。

そこで見つけたのがコチラ。
クレポリメイト

クレポリメイト

呉(くれ)工業という企業は初めて知ったのですが、Amazonで見る限りレビュー評価の高い製品を数多くリリースしている会社のようですね。

呉工業株式会社は、東京都目黒区に本社を置く、潤滑剤・自動車関連用品(ワックス・洗浄剤等)・生活関連製品(消臭スプレー・メガネ洗浄剤)のメーカー。
公式サイト(www.kure.com/) より

クレポリメイトの成分は シリコーン界面活性剤 なので、配分などは比較できないもののコロニルと同様と思われます。

250ml で 500円程度なので、かなり手頃な価格。

商品説明には、“紫外線をカットするUV吸収剤を配合  太陽光による色あせひび割れから守ります” とあります。

もともと自動車用品なので、車内のダッシュボードなど、樹脂製の箇所に幅広く使えるのも嬉しいですね。

 

ちなみに種類にはナチュラルの他にクリアもあって、こちらはやや光沢が強めになるようだが、
正直あんまり変わらないようです。

個人的には、ラバー面に光沢をつけすぎるとダサくなる可能性があるので、無難にナチュラルで良いのではないかと思います。

 

 注意 – クレポリメイトが使用できないもの 
・ペダル、ハンドル、シフトレバー、タイヤの接地面、シート座席、ブレーキ・クラッチレバー、床、階段など滑ると危険な箇所
・吸湿性皮革、淡色系皮革、桐、白木、漆塗り部分、ニス塗り部分
・塗装面

使用感

実際に、手元のラバーブーツ(レインブーツ)で試してみた。

※使用する際は、念の為にまずは目立たない場所に塗布して異常がないかチェックしてから、全体に試すほうが良いです。

1か月ほど使用したラバーブーツに使用した結果。

左がスプレー後。

使用時は、ブーツに軽く1、2回吹いたあとに乾いた布で磨いています。

写真だと少し伝わりづらいですが、ほどよい光沢がつき、シルキーな質感が出るので新品っぽい状態に戻っているのが分かると思います。

ニオイ、べたつきはありませんでした。

番外編 – 高級スプレーはどうなの?

ハンター ラバーバッファー

イギリスのブーツメーカー、HUNTER(ハンター)が出しているスプレー。

150ml で 2,000円前後する、コロニルよりさらに高い商品のですが、これの成分を見てみると

成分アミノアルキル・ポリシロキサン脂肪アルコールエトキシレートエタノール

とあります。

アミノアルキル・ポリシロキサンって何ぞや?

調べてもよく分からなかったのですが、アミノ変性シリコーンのことっぽい。
要するにシリコーンオイルと同じでしょう、多分。

脂肪アルコールエトキシレートって何ぞや?

アルコールエトキシレート(alchol ethoxylate, AE, CmEn)はアルコールをエチレンオキシドでエトキシル化して得られる非イオン界面活性剤の総称。

とあるから、要するに界面活性剤だろう、と。

エタノールは…、エタノールかな(適当)。

化学の知識など皆無ですが、この解釈でだいたい合っているとすれば、
クレポリメイトとの決定的な違いは無いんじゃないでしょうか。

よって、ラバーブーツの保護、艶出しが目的なら
やはりクレポリメイトで十分という結論になりそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました