翻訳機 ポケトークの最新モデル「Sシリーズ」はWシリーズと何が違う?【Sシリーズ】

家電

以前に紹介した、翻訳機「ポケトーク」に最新モデル「Sシリーズ」が登場。

今回で3代目なので、販売の好調さがうかがえますね。

テレビでもたまに使われていたり、紹介されたりしていますよね。

さて、今回は新型Sシリーズと、旧型となったWシリーズの違いをみていきましょう。

スポンサーリンク

翻訳性能は同じ

インターネットに接続して翻訳処理をするので、SシリーズもWシリーズも翻訳の性能は同じです。

また、対応言語も同じです。
対応言語リストはコチラ

処理性能は同じ

搭載されている

  • CPU
  • OS(Android8.1ベース)
  • メモリ

は同じです。

翻訳の処理に大きな違いが出ることはなさそう。

Sにはカメラ翻訳がある!

ここが非常に大きな違いです。

Sシリーズには背面にカメラが付いていて、カメラで文字を読み取って翻訳することができるのです。看板やメニュー表などをカメラで撮影して自動翻訳してくれるので、海外では重宝しそうです。

カメラ翻訳の対応言語リストはコチラ

さらに!Sだけの機能は

  • AI英会話レッスン機能
  • 現地の単位を換算
  • 現地の時間を自動表示

があります。それぞれ地味な感じはしますが、海外旅行などの際にはあると便利そうですね。

画面の大きさ・精細さはSシリーズが上

基本的な外観スペックは、Sシリーズが全て勝っています。
手のなじみはWの方が丸みがあって良さそうですが、Sのほうが洗練されています。

Sシリーズ Wシリーズ
画面大きさ 2.8インチ 2.4インチ
解像度 640 x 480 (px) 320 x 240 (px)
本体大きさ 幅:53.8mm
高さ:91.6mm
厚み:11.5mm
幅:59.8mm
高さ110mm
厚み:15.8mm
本体重量 75g 100g

※ポケトーク公式サイトをもとに作成

通信の性能は

ここも何気に重要なポイント。インターネット接続が必須ですからね。

まずデータ通信ですが、

  • 3G 接続時は、同じ性能。
  • 4G 接続時は、Sシリーズのほうが対応バンド数が広い。
    → 実際は場合によりけりだが、多少は繋がりやすいかも?

続いてWi-Fi 性能ですが、

まず基本として 2.4GHz 5.2GHz は共通で対応、
Sシリーズは 5.3GHz帯と 5.6GHz帯に対応となっていますが、大きな違いとは言えないでしょう。

5.3GHz帯はそもそも電波法で屋外利用がダメ、
5.2GHz帯は衛星通信などと同じ周波数で、隣接する5.3GHzは気象レーダーが使用しているため制限があります。
また、市販のルーターには、レーダー等を感知すると自動的に他の無線チャンネルに変更し、1分ほど無線通信ができなくする機能(DFS)を搭載する義務があるそうです。

屋内で使用する際はそもそも2.4GHzが使えれば十分な場面が多いでしょうし、屋外でポケットWi-Fi ルーターを使用するにしても 5GHz はアテにならないのが現状かと思います。

唯一、Sシリーズが負けているのは

バッテリーに関しては旧モデルのWシリーズのほうが遥かに上です。
この点は、Sシリーズで唯一にして、最も残念な部分と言えます。

Sシリーズ Wシリーズ
バッテリー容量 1200mAh 2200mAh
連続待受時間 約60時間 約240時間
充電にかかる時間 約105分
※付属の電源アダプター
(5V / 1A)を使用時
約135分
※5V / 1.8A で充電時
本体重量 75g 100g

※ポケトーク公式サイトをもとに作成

「充電にかかる時間」については充電の条件が異なり、比較としては適切ではないのでご注意ください。

Sシリーズも 5V / 2A くらいの急速充電器を使えば、60分くらいになるんじゃないでしょうか。

ちなみに急速充電器なら、定評のあるAnker社製がおすすめ。僕もAnker製品をよく使っています。

価格は1万円くらいの差

最新のSシリーズのほうが高いです。販売価格はショップによりますが、定価なら1万円の差です。

実はWシリーズは定価29,880円でしたが、19,800円に大幅値下げしたのです。

ただし、Wシリーズはなぜか充電器(コンセントに指すヤツ)が付いていないので、自分で用意する必要があります。まぁ、2,000~3,000円でいいのが買えますけどね。

先程も紹介しましたが、Anker社製のものがおすすめです。

管理人はどう見る?

価格差は微妙なところですが、やはりカメラ翻訳をしたいかどうか がポイントでしょう。

したいなら、Sシリーズ一択。

ただし翻訳性能は同じなので、価格が気になるようであれば、Wシリーズで問題無いということになります。

なるべく充電回数は少なくしたい、なるべく長時間使いたいということならバッテリーで大きなアドバンテージを持つ Wシリーズのほうが良いですね。

 

Amazonで買う場合、もしもの時の保証を考慮するなら出品者が「ソースネクスト公式」になっているものを買うのがよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました