部屋の蛍光灯がすぐ切れる問題を解決した

家電

先日の深夜に作業中、お部屋の蛍光灯(シーリングライト)が突然オフに。

停電はなかったので電気を点け直したところ、点いて2秒ほどで消えてしまう事象が発生していることが判明。

 

うわーマジか… 機器自体が壊れたか…?

前触れのない事象でしたので焦りましたが、落ち着いて調べてみると、

それただ単に蛍光灯の寿命じゃない?

という情報がたくさん。あっそうなの?

そして1本でも異常な蛍光灯があると、保護回路によって自動的に切れる機器もあるのだとか。

 

確かに、よく見てみるとイッちゃってました。


変色してますね。前回の交換からほぼ1年しか経ってませんが、運が悪かったようです。そういうこともあるということです。

ということで、さっそく蛍光灯を交換してみることに。
今は便利なもので、タイミング次第では注文した当日や翌日には届きます。

ちなみに今回は、昼白色を選びました。
昼光色はかなり明るいですが青っぽく、オフィスとかに向いてます。
昼白色は自然な明るさで白っぽく、自宅向きといえます。
※蛍光灯を購入する際は、大きさ、ワット数、合う型番などをしっかり調べてから。

 

良かった!完全に直りました。
もし直らなかったら…と不安でしたが、杞憂でした。

いずれ機器自体が壊れたら、さすがにLEDタイプを買いますかね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました