Anker PowerCore 5000 をレビュー [モバイルバッテリー]

家電

スティック型のモバイルバッテリー, PowerCore 5000の簡易レビューです。

おなじみの箱です。

中はシンプル。

同梱物。充電ケーブルと、ポーチ。

サイズは、長さ10.8 x 外径3.3 cm 。重さは210gありますのでズボンのポケットに入れるにはやや大きく、重いでしょう。カバンに入れる分には問題ないサイズです。容量にも見合っています。

microUSB の端子は充電のために本体側に挿すものです。

PowerIQ と VoltageBoost 技術により、適切な電流を、適切な電圧でデバイスに流し込んでくれるインテリジェンスな機能を備えています。スマホなどの接続したデバイスへ、最大2Aの急速充電が可能です。

ボタンを押すと、残量がわかります。1目盛りあたり33%。
開封当初は、電池残量が1目盛りでした。

本体への充電はUSBなのでPCなどにつないでもできますが、
Ankerからも推奨されている通り、純正の充電アダプタを使用するのがよいです。

僕が持っているのはコレですが、だいたい2時間くらいで満充電できていました。

 

Amazonで購入する際は、出品者が AnkerDirect であることを必ず確認しましょう。

家電
スポンサーリンク
スポンサーリンク
こけしまをフォローする
スポンサーリンク
気になるマンぶろぐ

コメント

タイトルとURLをコピーしました